FC2ブログ
兄が帰郷 <簡単デジカメ>
2006 / 01 / 29 ( Sun )
唐突だが、兄が帰ってきた。
帰ることは考えていたらしくて休日にあわせて帰宅。
まあ何を話すというわけではないが
普通に話す。

家族で写真を撮ろうという事で
親が「写ルンです」を買ってきた。

だが写ルンですにはセルフタイマーが無い。

家族揃っての写真をどうせなら撮って置きたいので、
押入れを探したら古いカメラがあったのでそちらも使う事に。
買ってきたフィルムを使おうとして封を開けた。
「これEPSAPSだ」

そんな事もあろうかと
デジカメも持っていたので
そちらも使う事に。

よし写そうという段に気付いた事。
三脚が無い。
ミニ三脚は持っているが、
全体を写すために高い位置で写せる三脚が無い。

部屋から適当な台を引っ張ってきて
その上に載せてミニ三脚を出す。
ちょっとした物を写す時に結構便利だ。

セルフタイマー機能を使ってボタンを押す。
ぽちっとな。

すたたたたた、ポーズをとる。
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・


最近のデジカメの動作音は
静音過ぎて写したかどうかが気付き難い。
(撮影音も出せるはずだがそんな機能を
使わないので忘れた。まあいい。)
デジカメはその場で確認してできるので便利だ。

数枚写した後で
犬も一緒に写そうとするが
そんな事は犬自身は知った事ではなく、
なぜ近くに寄せられるかが不思議らしい。

結果動く。
ほらじっとして。
ほらじっとして。
おとなしくしやがれ。

そんなことを繰り返し
写っている事を確認し無事撮影完了。

親に「古いデジカメが余っているから
あげようか」と聞いてみたところ、
「最近の機械は分からない」という話になって敬遠された。
慣れれば便利なんだが、慣れるまでがね。

写ルンです並に
簡単なデジカメが出る事を祈ろう。


蛇足:
ところで「写ルンです」をgogole検索したら
以下のページが出てきた。
「写ルンです」工場案内
これってなんてアーマロイド?
造形的に何か懐かしかったので、つい。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/902-6c25eb90
| ホーム |