FC2ブログ
最近ざっくり買った漫画 <いろいろ>
2006 / 01 / 30 ( Mon )
最近ざっくり買った漫画を一通り。

銀と金3・4
これほど金に密着した漫画だとは思っても見なかった。
アカギや天が博打の理屈を積み重ねた物なら
これは金と言う魔物の魔力を前面に押し出した漫画。
この漫画を見ていると金が怖えぇ。


ヘルプマン
以前本誌でちょこちょこ読んで気になっていたのを一気読み。
きっかけになる漫画。
結構演出過剰という点もあるとは思うのですが、
それはそれとして身近に年老いた家族がいると
結構笑うに笑えないのがこの手の高齢化問題です。
漫画の主人公のように解決は出来ないとしても
老人の意識とかその視点を見るという意味では
かなり新鮮な面白さがありました。

「老人と性」問題は目を背けたくなるほど。
一方的な見方だと「醜悪に感じてしまう嫌悪感が
先行してしまう」というのがかなりの意見になると思う。
それは果たして偏見ではなかったのか、とも考えてしまう。

自分が年老いた時「まだ現役」と思っていても、
周りの事を気遣って言い出せないとか
そんな現実に直面するのだろうか。



ユート
改めて読むと面白かった。
結果として打ち切りと言う事で残念でしたが。
最終話のダイジェストを見ると
伏線が一杯考えていたのにという無念さがひしひしと伝わる。
ユートが色々新しく活動するようになってから
成長する面白さが描かれていく、
「ばねがグッと縮んで大きくジャンプする」という感じの展開で
動き始めたら一気に視界が開けて面白くなる・・・
という展開を狙っていたのだと思ったのですが、
そこまで持ちこたえられなかったのが残念です。


バタフライ
こんな解釈の漫画も面白いです。

もっけ
なごみ系もののけ漫画
絵柄のほんわかさが全面の魅力として押し出ていますが
中身もしっかりした
今の日常にもののけと
何事も無いと思っているいきなり断崖にいる

風雲児たち
ギャグ入り歴史漫画。
それにしても「大砲萌え」って(w。
寄生獣のキャッチコピーが
「人類エンターティメント」だったら
こちらは「大歴史ギャグエンターティメント」。

関連記事



漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/906-a4829216
| ホーム |