FC2ブログ
意外と「えいご漬け」は続く <ランクは下がった>
2006 / 02 / 06 ( Mon )
意外と?「えいご漬け」が続いています。
基本は勉強ソフトなので結構飽きそうな気もしますが、
やっていると意外と面白いです。

検定はDからFに下がりましたけどね。
※アルファベットが読める程度。
まあ元々実力がその辺りであるのでまあ
妥当な採点だと思います。

LEVEL1コースをようやくクリアできたので
新しいドリルがプレイできるようになりました。
時間内に読まれた単語を書き込むと言うタイプの物で
ゲームをやっているようで面白いが、
単語を知らなければすぐに終了となるので
単語を先のレベルコースを攻略して覚えておかないと
高得点は出せない。

もっとこの手の単語覚えゲームをやってから
文法込みの問題に挑戦した方が良いかも知れない。

えいご漬けと言うより単語漬け。


今日街で見かけた英文で
「we will soon make a brief stop at nagoya.」と
言うのがあった(間違ってないはず)。
brief=短時間の; 簡潔な; (衣服が)短い.

電車に乗っている時見かけた文で、
これが日本語だと「まもなく名古屋」と言う内容を出していた。

同じ「停車する」という事を伝えるにしても
なぜこうも大きく違うのだろう。
確かに異国での常識が違って、
きっちり伝える必要はあると思うのですが、
ちゃんとした訳はわからないが
「まもなくこの電車は名古屋に短時間の停車を行ないます」と
言う感じの内容を付けないといけないのだろうか。
外国の列車はそんなに長時間停車するとは思い難いのですが。

それともアメリカの訴訟例で
この電車のアナウンスがきちんと
伝えていなかったから乗り過ごして
被害に合ったとかそんな系統でしょうか?

以前「オフィス北極星(※)」という海外のリスクコンサルタントを
テーマとした漫画に「日本で作られた商品が
海外に輸出されて日本語内容と英語内容の分量が
違っていたので問題」なんて話があったのですが、
それもやな話ですね。

※オフィス北極星
真刈 信二 (著)、中山 昌亮 (イラスト)
モーニングで連載されていた漫画で
海外を舞台にした漫画。
海外の常識と日本の常識の違いとか
描かれていたりして面白かった。

再販してくれないかな。

原作者の真刈 信二の作品は面白い物が多い。
「勇午」とか。
関連記事



ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/957-e70301e8
| ホーム |