FC2ブログ
「ヘルプマン」とか読んだりしながら <いろいろ>
2006 / 02 / 09 ( Thu )
漫画「ヘルプマン」を読んでます。
話の内容は介護のヘルプの人のお話。

漫画の表現としてはちょっと過度な部分があると感じつつも、
結構それでも気になる部分は多い。

「ボケを持ったら辛い」とか
「そんな家族を持つと辛いな」とか
「いかにも不幸な事を並べ立ててエンターティメント的だ」とか
実に「色々」だ。

ただそうならないと考えるとなる
可能性は否定できる物ではない。

ボケた人間には言葉も何も通用しない事もあるので
介護者が参ってしまって介護疲れやニュースに出るような
虐待、心中やらというのは正直笑い話にならない。
人を一人きっちり世話をしようとすると
かなりの労力だ。
飯はもちろん、シモの世話。
そんな日常生活の介護だけではなく
いきなり夜中に走り回るなんて事が起きたりしたら
心身ともに疲れてしまう。
(ボケの度合いにも寄るが)

介護疲れで道連れの焼身自殺、虐待そんなニュースが
大きなニュースの裏で少しづつ流れる。
ニュースを見ている一方向だけだと
「か弱い老人になんて事」をと思う人も居ると思うが、
介護者が張り詰めるような状況をすごしていけば
それは追い詰められているのと一緒だと思う。


そこら辺がこの漫画で描かれている
過度な表現と思える部分であり、
そうでありつつも実際にある出来事でもある。
そこら辺が状況により様々なので、
当事者になってみないと判断のしようが無い。
「もっと酷かった」のか「思うより軽度だった」とか。


=========================


家の家族はまだボケていないけれど
まあ年齢的に先にそういう状況に直面すると思う。
考えたくも無いが目をそらしつづけるわけにもいかない。
そのときが来「たら」の話でも良いのかもしれないが。


=========================


こんな高年齢社会とかボケと言う話が
大きく取り上げられつつあるのは比較的近年だ。
「昔の人も悩んだのか」とか
「昔はボケる人が居なかったのか?」というと
ただ単にその前の死亡率がかなり高いだけで、
ボケと判断される前に死ぬのが大半だと思う。

医学の向上で肉体(ハード)の生存維持は出来ても
脳(ソフト)の対策があまり無い。
ボケとは近代病・・・というか近代になったから
こそ注目されるようになった症状だと思う。


=========================


近年「脳がよくなる」とか
「知的トレーニング」とか
もっぱら流行っている。
ボケ防止に役立つと言う文言がかかれているが、
その部分で根本的な考えが抜けていると思う。

そんな物があってもボケ予備軍の
当の本人にやる気が無ければ触りもしない。

「ボケ」が来る。
それが「いつ」と言う事かは分からないが
「明日」では無いと思いつつも
そんな事は分かるわけが無い。

そのままだといつかボケてしまう。
ボケは「いつか」必ずくる物、
だが抵抗はできると思う。

口で言っても聴きはしない。
じゃあ殴ってでもやらせるのか。
そんな事は意味がない。


=========================


本を買ったのは結構前の話だが、
どうも文章が上手く組み立てられず、
また書きたいこともいろいろ出てきて膨らんでいる状態だ。


先日家族で写真を取った。
基本的に家族写真とかを私が嫌がる事を察知してか、
最初は両親が私達兄弟の写真を取りたいと言う話だったが、
家族が揃う事もそう無い事なので
「家族で撮ろう」と私が言い出した。

まあ書きたいことを全て並べると
切りが無いので割愛するが、

これから撮影していくとして
これから何回撮る事ができるのか?

不安と言うのは考えていれば
悪い事を引き寄せる気がするので
(「げん」みたいな物です)
考えすぎもよくないが、

「いつか」が来るのかとも思うと正直恐い。


ヘルプマン(AA)


蛇足:

恐い恐いと言いつつも、それを気にしてたら
他の話も進んでいかない。
来たら来たで考えるが
ほっぽり出すわけにもいかないので世話はする。
まだ見ぬ不安「ばかり」考えてても仕方が無い。



「どうせならぽっくり逝きたい」と言うのが
年寄りの言葉でよく耳にする。
ある一つの死生観だ。

かなり時間が経過して自分が爺になった時、
どうしたいのかと考えてみると、「時が来たら潔く」なのだろうか?
「アカギ」(載っているのは「天」の方だが※)みたいに
するのはともかくとして
人のお世話にならないと生きて行けないという事は
どういう事なんだろうか。

※福本伸行の作品「アカギ」と「天」。
アカギはアルツハイマーになり
自殺幇助装置を使って安楽死を選ぶという話。
作中で昔の仲間が説得をするのですが
そのやり取りやアカギの死生観がすごい。


より体力が落ちるだけで
やはり悔しかったり無念だったりするのだから
それよりも強い気持ちなのだろうか。


まあ来年の事を考えるだけで鬼が笑うのだから
それより先はまたいつか。
関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/972-87a5d4c4
| ホーム |