FC2ブログ
実写版「デスノート」 出演スタッフまとめサイト <先入観>
2006 / 02 / 11 ( Sat )
ここ[ゴルゴ31]
実写版「デスノート」の配役が
徐々に決まっていきます。
レイ・ペンパーが細川茂樹。
細川茂樹です。
響鬼さんです。

正直な所、見る前から細川茂樹が
ヒビキさん以外の演技をしていると言う事が
不自然に思えてしょうがない気がします。

何事にも始まりと言うのがあって、
私の場合細川茂樹は響鬼さんの役柄での出演が
初めてです。
ほかにも出てたかもしれませんが
意識していないからか思い出せません。
サギ山が窪塚洋介だった事
もし出会いがサギ山が最初だったら
あまり印象に無かったかもしれません。
ベンガルは即分かりました。

そう考えると印象として記憶に残る配役での演技が
見る人にとってこれからの大半を占める印象付けになると思います。
「夜王」の場合の夏輝がいつヤンキー狩りボクサーに舞い戻って
聖也さんをボッコボコにするか気が気でなりません。
ワンツーで記憶を無くさせて何事も
無かったかのように振舞うかもしれません。

響鬼さんは良識のある方ですから「響鬼・装甲」とか言って
顔を隠したりする事は無いと思いますが、
個人的には音撃鼓でも使って反撃の一つもして欲しい所です。

・・・とまあ前作の役柄が印象的過ぎると
以降の役にも影響が出てくるという事から細川茂樹の配役は
素晴らしい物だと思います。

あえて書きませんでしたが鹿賀丈史は「ドサ健」よりも
「美食アカデミー・主宰」です。

こんなネタを書いていたら「勝手に改蔵」の
ダメシックスセンスのネタを思い出しました。
アニメの声優の他の役の声を別の作品で思いだして
しまったりする能力です。
ピッコロ大魔王が毒鬼警部だったりするのも
驚いた記憶があります。

そういう意味からすると若本ボイスが
アンデルセンだった事に感動を覚えましたが、
気を許した瞬間、アナゴさんを思い出してしまって、
何かが台無しになってしまった記憶があります。
壮大なスケールのスペースオペラである
「銀河英雄伝説」もアナゴさんを思い出したと同時に
どうでもよくなりました。

配役ベストチョイスワタリ:藤村俊二です。
生ハムメロンを食べてみたいです。
関連記事



漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/988-b30a4306
| ホーム |